【まなびwith年中】口コミや評判は?体験した感想についても!

まなびwithの口コミや評判と、実際に体験した人たちの感想についてもご紹介します!

“かなち”

まなびwithって、どうなんだろう?
難しいらしいけど、うちの子にもできるのかな?

娘が幼稚園の年中さんになった時、まなびwithの教材を調べていたら、気になったところ。

実際にまなびwithを体験している人の意見も聞いてみたい。

そう思ったことから、まなびwith年中コースの口コミや評判、感想などを集めてみました!

\まなびwithを無料で体験!

まなびwith資料請求はこちらから

 

【まなびwith年中】口コミや評判は?

“かなち”

まなびwithのコミコミや評判から、メリット・デメリットを紹介するよ!

「まなびwith」は、2019年から新しくリニューアルした小学館の通信教育。

それ以前は「ドラゼミ・ぷちドラゼミ」という名前で、親しまれてきましたので、そちらの名前で知っているママも多いと思います。

まなびwithは幼児の頃から『思考力』を育てる、ということを目指していて、基礎学力+「わくわく考える気持ち」+「考える土台」で、伸ばしていく方針です。

ですので「しっかりと考えながら問題をとく」ということに特化している幼児通信教育となっています。

メリット

口コミや評判では

・ワークの量が多い
・図鑑で調べて解く問題がある
・付録が少ない

 

などのメリットがみられました!

ワークの量が多い、というのはお子さんによってはデメリットにもなります。

ですが、まなびwithを受講しているお子さんはワークの好きな子が多いようで、メリットとしてあげられています。

 

また、図鑑で調べて解く問題がある、という点は他の通信教育にはないメリットです!

自分で調べるクセがついた

実際の写真がみられるので覚えやすい

などの良い口コミがありましたよ。

 

付録が少ないことも、部屋が散らからなくていい、というママが多かったですね!

他の幼児通信教育は、付録が多いということがデメリットになっている場合もあるよう。

その点まなびwithは、その付録のストレスがなくて良いようです。

こどもちゃれんじのように知育玩具がたくさん届く方がいい、という場合もありますが、お勉強をする目的として選ぶ場合には、付録はあまりいらないようですね。

デメリット

まなびwithのデメリットも、まとめてみました。

いろいろな口コミや評判をみてみると

・問題が難しい
・親のフォローが必要
・料金が高い
・英語がない

 

まなびwithにはこのようなデメリットがあげられていました。

 

まなびwithはワーク中心のお勉強になるので、問題も難しい、という声もあります。

ですが、逆に「簡単だった」という感想もけっこうあるんですよね。

お子さんのタイプなどによって、このあたりは感じ方が違うようです。

 

親のフォローについては、これはやはり必要な場合がようですね。

まなびwithでは親子の関わりも大切にしているので、親の出番も多くなる傾向のようです。

親のサポートが必要、という意見は多い印象でしたので、あまり時間の取れないママには向いてないかもしれませんね。

 

料金については、たしかに他の幼児通信教育の中でも高い方になります。

料金
まなびwith 2,369円
Z会幼児コース 2,244円
こどもちゃれんじ 1,980円
幼児ポピー 1,100円
スマイルゼミ 2,980円

スマイルゼミは、タブレット学習ということで少し割高ですが、他の幼児通信教育の金額と比べるとまなびwithは高いです。

が、ワークの量などが他の幼児通信教育と比べてはるかに多いです。

それだけたくさん勉強ができる、ということなのでけっして高い金額ではないと思います。

「ワークが足りなくて他に買い足す」という必要もないのではないでしょうか。

 

英語については、残念ながらまなびwithでは勉強できないんです。

これから英語が必須になってきますので、別で学ぶことをおすすめしますね。

【まなびwith年中】体験した感想!

“かなち”

こどもちゃれんじの解約手続きは電話だけだから注意してね!

まなびwithを実際に体験している人たちの、口コミや感想を集めてみました!

参考にしてみてくださいね。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

先日、#通信教材 についての比較検討をしたpostをしたのですがその時にメインとなる教材を決めたことについて書き忘れていたので💦 . うちは#まなびwith に決めました⸜⌄̈⃝⸝‍ もじ・かず・ちえはもちろん、たいけんページでは#プレneo図鑑 を使った#調べ学習 の他に#工作 や#おうちあそび #社会ルール 等、一冊に豊富なテーマが網羅されていたことが決め手になりました⠉̮⃝︎︎ ネットのレビューではまなびwithは難しい方と書かれていたのですが、今のところつまづくこともないので難度はいたって普通の年中レベルだと思います(笑) #z会 と最後まで悩みましたが、z会よりカラフルでまなぼうずというキャラクターがナビゲートしてくれるので娘のとっつきが良かったことと、うちは図鑑を小学館で揃えていることもあり幼児の間はこちらを取り組んでいこうと思います(◡̈)/小学生になったらz会に移行するかもですが…(・∀・)💦 . 悩みに悩んだ我が家の年齢に則したお勉強はまなびwithで決まりました👏🏻( ˊᵕˋ )4月号は毎日1ページずつ取り組めたので、今後も楽しく取り組んでいきたいと思います🙂✎* . #通信教育#小学館#家庭学習#4歳9ヶ月#年中#知育#幼児教育#幼児ワーク

月月-TSUKI TSUKI-(@tsukitsukiboo_k)がシェアした投稿 –

 

この投稿をInstagramで見る

 

自宅でできる学習教材をいくつかお試しして検討中🌸 今回お試ししたのは、今月からスタートした小学館の 「まなびwith」 先月まではドラえもんのドラゼミだったんだけど、新しくなった文房具がモチーフのキャラクターたち✏️ めいは好きみたい☺️ 年中用と年長用の2つの資料請求しました 約1週間分のお試し教材だったけれど、30分で終わってしまった😅 毎日計画立てて少しずつしてほしい気持ちもあるけれど、とりあえず今は本人がやりたいときにやりたいようにさせてあげよう🌟 まなびwithの魅力的なところは、毎月小学館の図鑑から4ページと連動したワークブックがあること! 年中用のお試し教材では、大豆について学べたんだけど、何度も見返しながら問題を解いていて、自分で調べて学習する習慣が身につきそう👏 資料請求、お試し教材、無料です✨ DVDもついていて、楽しいお歌に合わせてきいが楽しそうに踊ってる👶 #まなびwith #お試し #無料 #幼児教育 #通信教育 #おうち時間 #4歳 #1歳 #女の子 #姉妹 #女の子ママ #ママリ #コドモノ #コドモダカラ #ベビフル #キズナ #ママタス #はぐピク #ベビライフ #ままのて #コノビー fama_fan #fama #ファーマ #rainbowmamababy #ままべび  @mamalife_official #ママライフカメラ @mamano.wa #ママノワ #mamagirl #ikumama #ikumamamuse @kids_japan @ig_kids

めいきい成長記録(@usyagisyan)がシェアした投稿 –

 

この投稿をInstagramで見る

 

* 2020.03.14 . 小学館の#まなびwith さんから 教材無償提供のワークブック一式が届きました(^^) なかなかのボリューム!ありがとうございます! . 我が家は長女が来月から年中なので、 学年に合わせて年中4月号をお願いしました。 . ワークの難易度はやさしめで、サクサク進む感じでした。 登場するキャラクターも可愛くて、 ワークの内容も子供心くすぐる要素がたくさん。 やっぱりシールは王道ですね。楽しそうです。 . さすが小学館というべきなのは このプレNeoのページかな〜と思います♡ ここはすごく気に入りました! . . 家で過ごす時間が増えたので、 知育パズル系を引っ張り出してやってます。 こちら賢人パズル。久しぶりにやると楽しい。 . . 我が家のお好み焼きは 主人が作るので広島風お好み焼きです。 私は作ってもらって ラクができるので大好きな夕飯です(笑) . . . #3歳11ヶ月 #0歳6ヶ月 #家庭学習 #幼児教育 #無償提供 #リビング学習 #家での過ごし方 #シール大好き #4歳差育児 #夕飯作ってもらえるの最高 #広島風お好み焼き

KANA(@yuntk_dwe)がシェアした投稿 –

 

この投稿をInstagramで見る

 

まなびwith年中4月号✏️ 無償提供の2019年度版🎵 娘にやらせてみたところ かなりの手応え‼️ 大抵の通信教材は3日くらいで終わるけど withは課題の1つ1つが時間のかかるものが多いからすぐ終わらない🤣 例→お絵描き、自己PR等 表現力が身に付きそう😃 向き不向きは出そうな感じ。 あと「ひらがな」の書きスタートが早い。 似たような作りのひらがなを少しずつ進めていく教材が多い中 一気に全部のなぞり書きが出てくる😲 毎月配本の通信教材のなかでもあまりないんじゃないかな❓️ ひらがなはすでに結構書けてるよ☺️とか たくさんやりたい♥️ って子にはいいんじゃないかな🎵 #4歳 #2歳 #まなびwith #ワーク #幼稚園児 #未就園児 #通信教育 #勉強垢 #新型コロナ #休園中の過ごし方

kairin(@kairinmama3)がシェアした投稿 –

まなぼうずのキャラクターが可愛く、色もカラフルなのでお子さんも取り組みやすいようですね。

ワークの難易度も難しくはないと感じる人もいるようで「年中レベルである」「サクサク進む」という感じの口コミがあります!

この難易度については、かなり感じ方にばらつきがあるようです。

 

また、「課題の1つ1つが時間のかかるものが多い」ようで、他の通信教育ではすぐワークを終えてしまうようなお子さんには、まなびwithが向いていそうですね。

 

そして、まなびwithには特別教材があり、毎月ではなくその他のタイミングで届きます。

特別教材の内容は

まなびブロック・はんたいことばカード・添削テスト(年2回)

 

このようになっています。

まなびwithでは、年中から添削課題があるんです!

年中は年2回、年長は年3回になっています。

主に国語、算数問題を添削してもらい、ちょっとしたお手紙のような感じで返ってくるようですね。

お手紙ごっこなどが好きな子どもたちにとっては、とても嬉しいはずです!

やる気にも繋がりますね。

 

他にも、まなびwithを体験した感想がたくさんありました!

 

この投稿をInstagramで見る

 

おうち時間✏️まなび時間 そういえば#まなびwith 始めました。 もともとドリル系が好きな娘。 住んでいる町では簡単に買えるものではなく(笑)帰省のたびに買っていたのですが、 年少になるタイミングで何か始めようかと、色々検討しました。 ・ こどもちゃれんじ、ポピー、Z会、そしてまなびwith。 【一応、教員なのでちょっとこだわって調べてみたりして😂勝手な個人的な見解です🙇‍♀️】 私は、あまりキャラクターとしてしまじろうが好きではなく(ごめんなさい🙇‍♀️)、玩具も増えるのが嫌だし、DVDも見せるタイミングがないので、こどもちゃれんじは却下だったのですが、、、、ひらがなブームの娘にひらがなを覚えるためのタッチペン的なものに魅力を感じてしまい、その教材が揃う前期だけやろうかなと。 キッズワークとタッチペン(はてなくん)だけ活用して、あとは必要な方へお譲り、、、笑 このタッチペン、教材としてすごくよくできてる! 下の子が小さくて、ちょっと待って!が多い我が家、、、1人でこなせるのが良い! 手が離せない時にかなりお世話になっております。 ・ ただ、長く続けるには、、、 最終的には、Z会とまなびwithで悩みました。 2つとも小学校に入ってからの内容は、教科書の教材とは別のもので、しっかり基礎力を付ける。そこが魅力的。 Z会は教材が昔からあり、しっかりしてるイメージだし、余計な玩具もなく、良さそう! ただ、イラストや色遣いがちょっと地味。 子どもの食いつきはあまり? もちろん勉強に可愛いなどは必要ないのかもしれませんが、、視覚から入る楽しそう!やってみたい!は大事かなと。 まなびwithは、昔のドラゼミ。リニューアルされて、もちろん新しく学習指導要領に対応。 また、図鑑などを利用して【自ら調べる力】を意識してるというところに強く惹かれました。 分からないところもすぐ聞くのではなく、自分から答えを導き出せるようになって欲しい! またワーク以外のDVDや知育玩具的なもの読み物の教材は、数ヶ月に一度という適度な量というのも決め手の一つ。 あ、あと、今回のコロナでワークを一月分無償配布されていて、そういったすぐに子どもたちのために働きかけられる企業の方針も素敵だなと。 実際、我が家も取り寄せて、体験版とは違うがっつり1ヶ月分のワークに取り組み、内容がとても良かったので、まなびwithに決めました。 ・ 実際こどもちゃれんじ、まなびwithを比べてやってみるとワークの量が多いのがまなびwith。 【その分こどもちゃれんじは他の教材があるから仕方ないのですが。】 書く、切る、貼る、折るが満遍なく入っている。 親子で身体を使ってやってみよう!的なページも! 毎月、プレNEOから1ページ分付録されていて、それで調べてから解く問題がある! 教材はシンプル!内容は鮮やか!最新!! ということで、まなびwithオススメです。 ドラゼミからリニューアルで、2019年から始まったこの教材。 あまり口コミが少なかったので、長々と書いてしまいました🙇‍♀️ どなたかの参考になりますように! #まなびwith #ポピー #Z会 #こどもチャレンジ #育児

yuuuu(@suulife)がシェアした投稿 –

やはり、実際に体験している人のリアルな口コミや感想は、とても参考になりますね。

いろいろな意見がありますが、まなびwithでは

図鑑を使った勉強がいい

 

という意見が、多くみられます!

 

たしかに、実際の写真をみながら、の方が子どもの理解が深まります。

そして、子どもはやはり視覚から入るので、実際の写真を目で見て覚えると、普段の生活の中でも目につくようになり、花や虫など

[voice icon=”https://happymama-children.com/rinka” name=”娘” type=”l”]これ図鑑にあった!
〜だよね!
知ってるよ![/say]

と教えてくれるように。

しかも、「知っている!」ということが子どもの自信にもつながり、学ぶことへの意欲となります。

図鑑を取り入れた学習というのは、すごく良い発想だと思います!

【まなびwith年中】資料請求で教材セットがもらえる!

“かなち”

まなびwithの資料請求で教材セットが無料でもらえるよ!
子どもに合うか、試してみるといいね!

まなびwithでは、資料請求をすると無料の教材セットがもらえるのです!

もらえるセットはこちら

・まなびブック
※メインワーク約1週間分
・るるるん♪DVD
・まなびwith年少~年長コースのご案内冊子
・会費のご案内
・まなびwithキャラクターの紹介冊子
・キャンペーンチラシ数枚 

こんなにたくさん!

DVDもついてきますよ!

かなりしっかりとした教材が届きます!

 

まなびwithの実際の教材を一度試してみると、難易度も含めて、お子さんに合うのかどうかがわかると思います。

資料請求は無料ですので、ぜひ試してみてくださいね。

本当におすすめです!

まなびwithの資料請求はこちら!

【まなびwith年中】料金はいくら?

“かなち”

まなびwithの料金は一括払いがお得だよ!

まず、まなびwithには入会金はありません。

毎月払いと一括払いが選べるのですが、一括払いの会費は受講開始月号によって異なりますのでご注意ください。

 

では、まなびwithの料金についてご紹介しますね。

毎月払い 6か月一括払い 12か月一括払い
<年少コース>
4月号の場合
2,310円 12,936円
(1か月あたり2,156円)
2,5404円
(1か月あたり2,117円)
6か月払いは、11月号より256円ずつ/12か月払いは、5月号より252円ずつ
上がります。
<年中コース> 2,585円 14,472円
(1か月あたり2,412円)
28,428円
(1か月あたり2,369円)
値上がりはなく、1年を通して同じ値段です。
<年長コース>
4月号の場合
2,585円 14,472円
(1か月あたり2,412円)
28,428円
(1か月あたり2,369円)
6か月払いは、11月号より約1000円ずつ/12か月払いは、5月号より約1000円ずつ
上がります。

※すべて、税込みの値段となります。

年長コースになると、教材も多くなるので、値段も少し上がってくるようですね。

まなびwithの支払い方法は?

支払方法は振り込みと、口座引き落としの2種類があります。

ただし、「毎月払い」を選択した場合の支払いは、「口座引き落とし」のみになります。

クレジットカード支払い、は選べないのでご注意ください。

【まなびwith年中】入会方法と特典は?

“かなち”

まなびwithの料金は一括払いがお得だよ!

まなびwithの入会方法は

WEB(入会専用フォーム)
電話
はがき

 

以上、3つがあります。

まなびwithの公式サイトでは、WEBからの申し込みが簡単にできるようになっていますのでおすすめです。

まなびwith公式サイトはこちら

入力画面の項目には、

保護者の名前(漢字・フリガナ)
メールアドレス
キャンペーン情報を送ってもよいかの有無
住所
電話番号
お子様の名前(漢字・フリガナ)
性別
生年月日
入会希望コースの何月号からスタートするのか(生年月日を入力すると自動的に学年が出てきます)
お支払方法
紹介プレゼント
同時入会の選択
アンケート

 

などがあります。

入会特典

入会特典は、時期によってかわる場合もありますが、現在は入会すると、おしたくボードがもらえます!

起きてから寝るまでにすることを楽しく習慣化できるイラスト付きボード、です!

イラスト付きで、こどもにもわかりやすいデザインになっているので、楽しみながら生活習慣が身につきそうですよね。

【まなびwith年中】いつ届くの?

教材の配送時期ですが、初回は

入会後1週間~10日前後

 

で届くようです。

だいたい1週間くらいで届くんですね!

 

また、毎月の教材は

前月末日までに

 

お届けと、なります。

次の月が始まる前には教材が届きますので、月初から新しい教材をまたスタートすることができますね。

 

ちなみに、ゴールデンウィーク、年末年始期間は除く、ということです。

この時期にまなびwithに入会する場合には、教材が届くのに通常よりも少し時間がかかる、と想定しておいた方が良さそうです。

【まなびwith年中】退会方法は?

“かなち”

まなびwithの退会方法はとても簡単!
最短では3ヶ月で退会できるよ。
一括払いの途中でも返金してくれるから安心!

まなびwithは一度入会すると、自動で継続するシステムになっています。

ですので、きちんと退会手続きをしないと、学年が変わってもずっと教材が届きますので、注意してくださいね。

 

退会の方法ですが、まず退会手続きの期日は

最終受講希望月の5日までに退会手続きをする

 

となっています。

まなびwithの退会は、意外とギリギリでも大丈夫なので安心です。

 

そして手続きは

・会員サイト「まなびwithマイルーム」
・フリーダイヤル
・メール

 

この3つのいずれかに「受講終了届」を提出します。

Webやメールでも退会手続きができるのは、簡単でとても助かりますね。

 

なお、退会受付締切日を過ぎた場合は、退会が1か月先となりますのでご注意ください。

また、解約金、退会金はありませんので安心してくださいね。

 

入会してから退会するまでの期間は、最短3か月で解約は可能とのこと。

先に料金を一括払いしていても、差額分が返金されるそうなので、安心です!

 

休会はできるのかな、と思い休会についても調べてみましたが、休会制度は設けていないとのことでした。

まなびwithを少しお休みしたい場合には、一度退会手続きを行い、受講再開時に改めて再入会する、ということになりますね。

【まなびwith年中】こんな人に向いている!

“かなち”

まなびwithは、ワークや図鑑が好きな子に、とっても向いてるよ!

まなびwithについて、口コミや評判、実際に利用している人の感想などをご紹介しましたが、最後に、どんな人に向いているのかをまとめると

ワークが好き
図鑑が好き
親がフォローできる

と、このような場合にはまなびwithが向いている、と感じました。

 

まなびwithはやはりワークが中心の教材なので、ワークが好きなお子さんにはバッチリ!

また、図鑑などの写真が好きなお子さんは、まなびwithをかなり気に入るはずです。

そして、まなびwithでは親子の関わりを大切にしているので、親のフォローが必要な場面も

ワーク以外の工作などの部分では、材料を用意したり一緒に作ったり、と親子で楽しむ内容もあるんです。

ですが、難しいことはなく、簡単にできるものが多いようですので、あまり時間はかからないと思いますよ。

簡単に親子で楽しめるのは、嬉しいですよね。

まとめ

今日は、まなびwithについて、口コミや評判、感想や料金などについても詳しくご紹介しました。

まなびwithは、ワークや図鑑の評判がとても良い幼児通信教育です。

難易度についても、「難しい」という意見もあるようですが「年中レベル」「比較的簡単」という意見もけっこう見受けられました。

やはりお子さんによって、難しいと感じる場合と、簡単と感じる場合があるようです。

まなびwithでは、資料請求をすると無料の教材セットがもらえるので、一度試してみると、お子さんに合うのかどうかがわかるかな、と思います。

資料請求は無料ですので、ぜひ試してみてくださいね!

まなびwithの資料請求はこちら!